So-net無料ブログ作成

からけば日記-39:何でも運ぶ!? [漫画なお猫様:からけば日記…他]

■からけば日記-39:何でも運ぶ!?
kalakeba-diary39a.jpg
kalakeba-diary39b.jpg
仕事&老猫太郎の介護で、正直、手一杯の飼い主's
そうしたら、黒猫'sがかまってアピールを始めたようです(^△^;)
玄関ホールや鷲尾の仕事机付近の床に、なにやらいっぱい積まれています。
咥えて運んで来て、積んでいくようです。…三匹で入れ替わり立ち替わり。
「コレ、あげるから○○して(ドライフード出してとか)」みたいな、ご要望があるようです。
運ぶモノは、咥えられるものならなんでも…という感じ。
鎌田の私的スペースに置いてある(片づけてある)レジン用のシリコン型とか、可愛い雑貨類とか。
猫おもちゃバケツに片づけてあるぬいぐるみとか…。
ついでに、鷲尾の着圧靴下だって、そこらに放置してたわけじゃない(紙袋に入れてあった)のに…(ーー;)
まあ、いいんですが。
その中で、ついに迦羅が毛羽のお気に入りの〝クマぬい〟まで運び始めたのには驚き。
大嫌いらしくて、毛羽にぐいぐい押しつけられては、「いやーっ」って逃げ回ってたのにねぇ…(^_^;)

以下は太郎関連。
状態は良くなったり悪化したりの繰り返しです。
二日ほど続いていたてんかんの硬直発作は治まったけど、今度は眼振がひどくて起きてる間中、首をブンブン振ってます。
自力では立てないので寝たきりですが、それでも逞しく、横になったままズリズリと移動しています。
食欲はすごくあるので、食べたいだけ食べさせています。
アニモンダとかアルモネイチャーのお肉100パーセントの猫缶やレトルトパウチ、チャオの焼ささみ。
あるいは、買い物に行った時に買った地養赤鶏のムネ肉やささみを茹でたものなどに、人間用の赤ちゃん用のイオン水(一日100ml以上)を混ぜて、乳鉢で半流動食にしてあげています。
ペット用の電解質水になぜか人工甘味料が入っていたので、それを飲ませるのはやめた方がいいと獣医の先生がおっしゃったし、私たちもそう思っていたので、そういうものを使っていない人間の赤ちゃん用をあげています。(ペット用が必ずしもペットにとって安心とは限りません)

人間の食べ物を猫に与えるなんて…と、嫌悪される方もいらっしゃるかもしれませんが、太郎の血糖値や腎臓肝臓の数値はすべて正常値ですし、先生と相談の上でいろいろ考慮して行っていることなので、うちの場合はこれでいいので、反論はご遠慮くださいませ。
(参考にされる方は、かかりつけの獣医さんにご相談の上、自己責任で。うちはいっさい責任を負いませんので)
taro2014food01.jpg
↑こういうのを一日に数回。(もっとドロドロの時もあり)
taro2014food02.jpg
血液検査の結果では内臓的には弱っていないので、固形物も食べられますが、食べてる最中に発作を起こすことがあるので、なるべく喉に詰まりにくいものを…と。
時々は肉を細かく切ったものもあげますが…。

【追記】
小型ミキサーのミルサーを購入しました。
乳鉢で鶏缶を擦るのは、実はけっこう大変だったので。
材料を入れて数秒で完成。ご飯作りが超楽ちんになりました〜(^▽^)
太郎のご飯作り以外にも使えるので重宝してます。


★以下おまけ
手元にデジカメがない時に鷲尾がメモった下の付箋。つまり、下書きなしの書き殴りの落書きです。
taromemo2014-01.jpg
※クリックで別窓拡大
まあ、あくまでも、『こんな風に見えた』…ってことで。
調子の良い時と悪い時の差が激しい太郎じい様です。
超低空飛行ながらも、頑張ってます。

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット